deutsch       english       español       français      italiano
      にほんご       nederlandse       polska       português        русский      中国人


マイバーラヴェント

ハラルド・レナー


私の心の中には、アルガルヴェの白黒のイメージがある。しばしば私はそれを色に浸して、それに応じて色をつけたり、色を変えたりしている。私は変化する物語で絵を飾る。

また、絵のように美しい湾を持つ岩だらけのアルガルヴェをバルラヴェントと呼んでいます。"風に面して "はそれを翻訳することができます。私はその言葉とそれに伴う態度が好きです。バルラヴェントを表現する」では、哀愁と放浪心を表現しています。"ファド "はそんな気分を反映したこの国の憂鬱な音楽の名前です。

写真の前半分は大西洋。ゆっくりと波が浜辺に転がっていく。鮮やかなブルーの海の波が優しく穏やかに。今日は波を吹く風がない。

幅20メートルほどの細かい砂地が内陸部を走っている。太陽の光に飢えた多くの人々が、のんきに海水浴を楽しんでいる。陽気で夏の匂いがして、荷物をまとめたくなるような光景だ。真昼間の深い青空に太陽が高く昇っている。影は短い。浜辺の緑黄色と錆びた赤金色の漁船に近い。彼らは遠くからでも、高い前茎で認識できる。

蜂蜜色の岩がバルラヴェントを特徴づけています。この岩だらけの湾のすべての平方メートルを建物が覆っています。写真の左側にあるツタに覆われた岩の露頭だけが下層土を透かしています。高さ約50メートルの岩が、集落を形作り、支えています。この小さな湾は、円形劇場に例えられることもあります。細長い平らな建物が、狭い空間の中でお互いに伸びています。すべての窓の目は海に面しています。

飾り気のない白塗りの家々は、機能的で渋い。乏しい建築地の制約にすべてを従属させている。ラフな暗褐色の石積みの石組みが、写真の中央を支配しています。暗い窓の洞窟が要塞の壁を突き破っている。壁の周りには、家々の列が斜面を上に向かって伸びています。岩の露頭の左に湾が開いています。そこには、休日のアパートと近代的な多層階の建物のためのスペースがあります。

アルガルヴェは、常に潮の相互作用にさらされてきました。外国人の人々は、土地を占有して開催されました。フェニキア人、カルタゴ人、ケルト人、ローマ人、西ゴート人と他の多くの人がお互いから力を掠め取った。要塞の壁は、この出来事の多い過去を知らせています。海が荒れ狂う時、人々は今でも白い家に避難所と安全を求めています。今では観光客が年に数ヶ月だけ、平和的にこの国を占領しています。バルラヴェントは私の心の中にある。南風を夢見ている。

刷り込む     情報保護     www.pixabay.com