deutsch   english   español   français  italiano
  にほんご    polska   português    русский


高齢になってからの運転

ローラ・ゴゼマン


運転免許はいつ取り消されるべき?

高齢者の自動車運転については、よく話題になります。車の運転は、運転者自身とその仲間の人間の両方を危険にさらす可能性がありますが、高齢者は、自分の機動力と自己決定力がないことを望んでいるわけではありません。しかし、75歳になると事故のリスクが高まることが研究で明らかになっていますが、彼らは全面的に運転免許を取り消すことができます。以下の記事では、代わりに交通事故を防ぐ方法を説明しています。

ドイツでは、一般的に終身運転免許証を発行しています。近隣諸国では他の規制が適用されます。例えば、スペインでは45歳から10年ごとに、70歳からは2年後にも運転適性検査を受けなければなりません。スイスでも、2年ごとにかかりつけ医への提出が義務化されています。

このため、ドイツでは運転免許の年齢制限を求める声もある。連邦統計局(Destatis)の2015年の事故件数を見ると、65歳から74歳までの自動車運転者の約61%が自ら事故を起こしている。18歳から24歳までの若い成人が運転した場合は、65%のケースで彼らが責任を負っていた。しかし、最も高い数値を記録したのは75歳以上のドライバーで、75%が自分の責任としています。

しかし、これらの数値を考える際には、高齢者は車で道路を移動する機会が少ないため、若いドライバーに比べて事故の絶対数が圧倒的に少ないことを考慮しなければなりません。したがって、年齢制限の一括請求は支持できません。

高齢になってからの機能制限

原則として、加齢は一定の機能低下を伴い、道路交通にも影響を与えます。視力、聴力、応答性などの重要なパラメータが低下しています。さらに、複雑な状況での情報の取得と処理には限界がある。多くの場合、このような障害は、高齢者がラッシュアワーではなくゆっくりと運転したり、未知のルートや夜間や悪天候での移動を避けたりすることで補われます。そのため、シニアの事故は、スピードの出し過ぎや飲酒運転、大胆な追い越し運転などではなく、前進、後退、旋回、旋回などの運転が原因となっています。

年齢が高いからといって必ずしも運転ができないわけではありませんが、「スニーカーのように元気な80歳の人もいます」とはいえ、高齢者は年齢による影響以外にも薬の影響も考慮する必要があります。特定の病気や薬は、知覚能力や反応能力をさらに制限する可能性があります。

強制運転免許賦課金

運転免許証は、事故を起こしてからでないと発行されないことが多いです。なぜなら、事故を起こした高齢者自身がショックを受け、もう運転しないことでこのような事態を防ぎたいと思っているからです。あるいは、警察に相談しても混乱していて集中力がないように見えるからです。ここで、道路交通局に連絡が入りますので、交通心理士や医師が本人の精神機能のチェックを行います。陰性の結果が出た場合は、運転免許が取り消されます。

事故を防ぐ

現在、高齢者の道路利用者を対象とした様々なセミナーが開催されている。例えば、ドイツ交通安全評議会(DVR)は、老人ホームや成人教育センター、協会などで「セーフ・モバイル」プログラムの一環として、重要な道路交通問題に関する情報を提供している。また、ADACは高齢者向けに数時間のトレーニングを提供しており、その間に境界線のある状況での車両の挙動について説明している。

テュフでは、高齢者の道路利用者の性能チェックを任意で実施することができ、有料である。しかし、高齢者の運転はいまだに否定的とされているため、何らかの費用がかかっても、高齢者が検査を受けることは稀である。そのため、自主的な見直しが問題になるような再考があるはずだ。

刷り込む     情報保護     www.pixabay.com