deutsch   english   español   français  italiano
  にほんご    polska   português    русский


霧の中を歩く奇妙な(短編集

ブリジット・ノイマン


クヌート・フェッデルセンは一人暮らしをしていた。そのため、彼は自分の考えに従って整然とした生活を送ることができました。彼は5時30分には早起きして、夜は10時半には就寝していました。起きてから寝るまでの間、無計画なことはほとんどなかった。11月の今週の木曜日も、いつものように続いていた。

昼下がりの5時半、受付を通って出口に向かうとき、ドアマンに向かって「そうですよ。さようなら。

ドアマンは戸惑った顔をしていた。二人は顔を見合わせた。ドアマンは笑った。クヌート・フェッデルセンはトリミングした。

"はい、そうです。いつものように時間通りに、Feddersenさん。さようなら」とドアマンは言った。この短い会話は毎日のように行われた。しかし、通常、ドアマンに声をかけるのは彼ではなく、ドアマンだった。

それはクヌートを混乱させ、彼は何も答えずに先に進みました。彼はポータルドアを通って建物を出た。

"なんて恥ずかしいんだ!」と彼は呟き、頭を振った。彼は震えた。寒くて湿った霧は朝から消えていない。霧は夕暮れ時には、白い渦となって垂れ下がっていた。クヌートは足を速めてバス停まで急いだ。

"3分だ!" 毎晩、60代のバスが発車するまで3分ほど待っていた。すでに何人かの乗客がいた。二人の女性がダイエットの話をしていたり、一人の男性が新聞を読んでいたり、ティーンエイジャーのMP3プレーヤーのスピーカーからベースが鳴り響いていたり。他の乗客はただ立っているだけで、自分たちの前や床を見ていた。

"全てが元に戻った」と彼は思って息をついた。バスは定刻に到着した。彼は遠くから運転手のウィリー・オトレンバに気付いた。バスの運転手になる前、彼は上司の下で宅配便の仕事をしていた。クヌート・フェッデルセンが一番乗りだった。

"今夜は霧の多い夜だ "と彼は言った。

"雨が降るかもしれない "とオトレンバは答えた。

"たくさんの雨が降った "と彼は答えた

"その通りだ"

友好的にうなずくと、クヌート・フェッデルセンは続けて普通の席に座った。彼はバスの運転手に毎晩の天気について話していた。"いつものように」という言葉が彼の頭に浮かんだ。彼はポケットから新聞を取り出した。今日はそれをポケットに入れたまま、窓の外を見た。闇と霧が視界を遮る。その代わり、ガラスには彼の顔が歪んで映っている。来週、彼は40歳の誕生日を迎える。それともまた一人で自分の主義主張に忠実なままでいるのだろうか。

"私はいつものようにすべてを行うのだろうか?" この質問が彼を不安にさせた。彼女は座ったまま、彼がいつもの停留所で降りると、手を放さなかった。彼女は彼に付き添って、ゲーゼ通りを左折してノルト・アレーに入り、再びリンデン通りを左折して、彼の家の22番の家に向かった。彼が一人でアパートにいる時も、彼女は彼から離れなかった。コートをフックにかけたまま吊るしたり、熱いお茶を飲ませたり、食器の水を流したりすることもできませんでした。彼女は彼のいつもの動きの一つ一つにひっかかった。彼はテレビをつけることさえせずに、ソファから窓へ、そこから狭い廊下へ、小さなキッチンへ、涼しい寝室へ、そしてリビングの窓へと、アパートの中を歩き回った。

霧はさらに濃くなっていた。遠くではマットで幽霊のように、周囲のアパートの窓から光が差し込んでいた。いくつかのアパートではすでに暗くなっていた。

クヌートは長い間立ち止まり、霧の壁を見つめていた。いつもより遅く、彼はバスルームに行き、シャワーを浴び、歯を磨き、パジャマを着てベッドに入った。彼は眠れなかった。朦朧とした思考が外の霧の中から幽霊のように浮かび上がってきた。彼の誕生日が蘇ってきた。目覚まし時計が鳴る3分前に眠りにつき、目が覚めた。

いつもと同じ時間に家を出ると、外はまだ暗かった。霧は晴れていた。雨が降っていた。街は彼には鈍いように見えたし、会う人たちも昨日のようには近寄りがたいものではなかった。

刷り込む     情報保護     www.pixabay.com