deutsch   english   español   français  italiano
  にほんご    polska   português    русский


フーディーニは死なない

ハラルド・レナー


カール・ハインツは 私の魅力的な兄です 彼は13歳で 彼は高校に通っている 誰もが彼のことをすごいと思ってるけど、 私は違う。彼はヒルデガルトおばさんのように 手品ができない。でもトリックではみんなが悲鳴をあげて 舌を切ったり 腹を切ったりして怖がるんだ

彼のパフォーマンスが終わり、血しぶきがかからず、みんなが拍手をしたとき、パパは頭をなでて、観客に「あの子は魔法が使えるんじゃないか」と尋ねます。

同僚がパパを訪ねてきたときに、カミソリの刃を使ってマジックをするのだそうです。仕掛けはこうだ。弟が新しい刃の入った箱を開ける。切れ味がいいのは誰にでもわかる。これで段ボールを切ることもできる そして、弟は刃を飲み込む。そして、リールの糸を食いちぎる。その後、彼はそれを飲み込む。そして、彼は電車の中で私のグラスを飲む。彼は口の中に手を入れる。カミソリの刃はすべて糸にぶら下がっていて、彼はそれを引き抜く。彼は誰が見ても切れるように舌を見せ、何も血が出ないようにしている。

この手品が訪問者の興味を引くかどうかはわからない。彼らは弟の背中を叩いて、彼は第二のフーディーニになると言う。父が彼女の上司だから?カール・ハインツのことをそんな風に言われると、彼は嬉しそうに笑っています。先月、家族みんなで映画を見に行きました。古い映画が上映されていたの。彼の名前はフーディーニ、バラエティの王様だった。その後、その映画の夢をよく見た。それはとても怖かった、どのようにマジシャンが水槽の中で彼の頭を下にバインドされてぶら下がっていた。盲腸が破裂して自由になれなかったのです。消防署が水槽のガラスを割ってしまいました。マジシャンは意識不明のまま死んでしまった。

剃刀のトリックを教えてくれたのは兄だけだった。でも、誰にも言えない。唯一言えることは、彼は鋭い刃を飲み込まないということ。鈍いものを口に含んで、すでに糸が通っているものを口に含んでいるのだ。糸巻きにも関係している。真ん中が空洞になっていて、そこに糸のついた刃が収まるようになっています。鋭利な刃を飲み込むのではなく、ミルクの中に吐き出す。そうやってトリックが働くのです。

叔母のヒルデガルトはカール=ハインツのように手品ができない。でも、彼女は魅力的な魔女で、呪文のかけ方を知っています。彼女は私たちの近くのおもちゃ屋の販売員で、 彼女は私たちの写真を見ると、目を閉じて不気味な魔法の物語を作ります。怖いというほどではありません。おとぎ話のようなもので、すべてが元通りになる。

1ヶ月前にシガーボックスの中に 噛まれたリンゴの写真を見つけました そこには黄金のハムスターの フィフィの写真もあります ヒルデガルトおばさんは長い間写真を見ていました。そして、おばさんは人差し指で写真を撫でました。ヒルデガルトおばさんは、魔法のリンゴで呪文がかけられると言っていました。リンゴは悪霊や伝染病や旅先での不幸を防ぐための禁止呪文を使うの。

彼女はリンゴを二つに切りました。それから彼女は庭から新鮮なミントを取りました。彼女はリンゴの両方の半分をそれでこすりました。その後、私は何を追放したいのかを声に出して言わなければなりませんでした。私は何が重要なのかを考えました。フィフィにはもうカーテンには登らないように言った。数分後に気づかないと上から床にぽたぽたと落ちて痛い。あと、カール=ハインツがカミソリの刃を混ぜて、尖ったものを飲み込んでしまうのも嫌だ。それが二回目の呪文だった。

第三に、もう夜にフーディーニの夢を見なければいいのに。むしろ赤いリモコンの車の夢を見たい。古いボルグワードのイザベラクーペだ 一ヶ月前はヒルデガルトおばさんのおもちゃ屋さんの窓にあった。今は姿を消してしまった。誕生日にボーグワードが欲しくてたまらなかった。おまじないが終わると、叔母は両端にマッチを小さな串に刻んだ。叔母はそれにリンゴの半分をくっつけた。そして、おばさんはリンゴに緑色のリボンを巻いた。私は彼を私だけが知っている場所に埋めなければなりませんでした。おまじないが効くのは、魔法のリンゴが腐ってしまった時だけだ。

おまじないはよく効く。もうフーディーニの夢は見ない。フィフィはまだカーテンを登っていますが 私にはいつもわかります カール・ハインツは 剃刀を飲み込まず 牛乳の中に吐き出す 正しいことだ 今日は八歳の誕生日だ。リモコン付きの赤いボルグワードのイザベラクーペがプレゼント台にある。ボルグワードはもう周りにいないから、誰も彼をクラスに置いていない。カール・ハインツはガス会社のコックス伯爵みたいな人。彼はリンゴを埋めるのは馬鹿げていると言っている。食べた方がいいよ。私は全然バカだとは思わないわ。だって、トリックやズルをしなくても本物の魔法ができるってわかったんだから。でも、あなたが魔法の魔女ならね。

刷り込む     情報保護     www.pixabay.com