deutsch   english   español   français  italiano
  にほんご    polska   português    русский


ひみつ(短編集

ブリジット・ノイマン


フェリックスは片足からもう片方の足をつまずいた。曲がり角を曲がった先で、スクールバスのエンジン音が聞こえた。彼は休憩所に車を走らせ、すぐ隣に停車した。ドアが開いた。"こんにちは、フェリックス、あなたは乗りますか?" バスの運転手のハンネスは、彼に微笑みかけた。

"ハネスさん、こんにちは。もう待ってましたよ。"
彼は乗り込んで、ハンネスが折り返してくれた助手席に座った。みんなバスの運転手のことを「ハンネス」と呼んでいた。村の大人たちもそうだった。彼は30代後半くらいだっただろうか、細身で、ほとんど背が高く、明るいポロシャツとブルーのジーンズを着て若々しく見えた。紺色の尖った帽子は、頭の上に生えたように乗っかっていた。ヒンターハウゼンの小さな村の学校が10年前に閉鎖されたため、彼は子供たちをノイシュタットの学校まで車で送っていた。誰もが彼のことを知っていたが、彼のことを話す人はいなかった。彼は気さくに挨拶をし、いつも時間通りに来て、時間通りに出発し、最も活発な子供たちでもバスに乗っている間は自分の席に座ったままでいることを理解していた。

フェリックスは他の生徒よりも静かで、いつも右の一番前の列に座っていて、銀行の隣人もおらず、笑い声や喃語を発する子供たちの群れの中では、部外者のように見えたが、彼もまた老舗の農家の出身で、小さな窓の前には密なカーテンが張り巡らされ、閉ざされた門があり、日曜日にはいつも中庭をきれいに掃除し、中に入る人のためだけに整頓されたリビングルームを開けていた。

しかし、フェリックスはその人里離れた場所にもかかわらず目立っていました。"村の少年たちは彼を "ファイヤーヘッドと呼んでいた。"彼の赤い髪と、頭の上にある椎骨のおかげで、すでに剛毛が混じっていた髪が上向きになっていたからだ。
"彼はどこで見つけたのだろうか "と、村人たちは手の甲で不思議に思った。彼の母親は濃い金髪の髪の結び目をつけていた。これで彼女は巻き毛をなだめようとした。しかし、それは成功しただけだった。その間に父親の髪はまばらに伸びていった。家族の中でも村の中でも、赤毛の人は誰もいなかったし、渦巻いていた。

フィリックスだけがヒンターハウゼンから3年生になった。木曜日の授業は、他の生徒より1時間早く終わった。フェリックスはラウンジでの待ち時間を使わず、バス停まで走って行き、ハンネスが早く来てくれることを願った。彼はハンネスのことが好きで、例えばノルウェーへの旅の話をするときに彼の話を聞くのが好きだったからです。夏休みの間、ハンネスは参加者を連れてノイシュタットとその周辺地域を遠く離れたグループを運転しました。ハンネスはフィヨルドや雷が鳴る滝を絶賛していたので、フェリックスは来年も一緒に行きたいと思っていました。

今日のフェリックスは思慮深い様子だった。彼は訊ねた。"ハンネス、ノルウェーがそんなに素晴らしいって本当?

"もちろんだよ。

フェリックスは押しまくって下を向いていました。

"ハネス、ノルウェーは時々悲しいことがあるの?"

"そう、たまに雨が降ると その時、雫は涙のようになって、すべてが暗くて暗くて暗いんです。そうなんですか?ハネスはフェリックスを見た。その答えは彼を満足させるものではなかった。"いいえ、そういう意味ではありません。ノルウェーはあなたを悲しませますか?

"なぜ?"

フェリックスはハンネスを見た。"ハネス、君は僕の友達か?

"はい」とバスの運転手は答えました。

"もし私が秘密を話したら、世界中の誰にも言わないのか?

"それは言わない 素晴らしい言葉だ。ハネスは確認のために右手を差し出し、左手で帽子を叩いた。

"ハネス、昨日ママにノルウェーのことを話して、そこに行けるかどうか聞いたんだ。あなたはノルウェーのことをよく知っているから、夏休みの間、バスに乗って一緒に行きたいと言ったの」とフェリックスは言いました。フェリックスはためらいながら、自分の手を見て指を結び、続けた。ハネスは聞いていた。

"彼女は10年前にノルウェーに行ったことがあると言っていましたが、私は誰にも話すことができず、あなたにも話すことができませんでした。それがどうしてなのか、私は彼女に尋ねました。彼女は私を抱きしめてくれました。しかし、私はまだ彼女が泣いていることに気づいた。その後、私の髪は濡れていました」フェリックスは次の文章を押し出した。彼は飲み込んだ。彼の喉には太いしこりがあった。彼はまだ濡れているかどうかを確認したいと思って、赤い剛毛の渦巻きの上を自分で撫でて、ハネスに目をやった。"どうして帽子にしがみつくの?

"たまにはね、フェリックス、しっかりとしがみついて

ハネスも悲しそうな顔をしていましたが、彼に微笑みかけていました。"ノルウェーのことは来週話しましょう。ほら、他の子供たちはもう来ているんだから」。

ハネスは家の鏡の横のフックに帽子を掛けると、中を覗き込んだ。赤い剛毛のつむじが彼に輝いていた。

刷り込む     情報保護     www.pixabay.com